2006年07月21日

夏といえば

VFSH0026.JPG何故俺はここに。

なんか良い大人が野球ばっかりしてますよ。
posted by 骨折 at 20:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

あなたのベースはどこ製ですか?ドイツ製です。

はいどうも。

唐突ですが、ベースを買いました。

ひょんなことからお金が手に入ったので、ベースを新調しようと前々から考えてたので、実行しました。
ちょいと前からちょくちょく楽器屋を見て回ってたのですが、木目調のベースがカッコいいなぁと思ってたのです。
外人さんが木目ベースでンギンギやってんのかっこいいじゃないですか。

で、前に新宿の楽器屋の「お高いですよコーナー」にあった木目調の黒いベースがカッコよくてですね。6万ちょいだったので、目にとまっていたのですよ。
んで、昨日いざ買おうと本気出して考えてみたわけです。

前提として、友人達と被るのは良くないと。
オリジナリティのあるブツで行こうぜと。
指にモーターが入ってるでおなじみ「ひょっとこ」のスーパーベーシスト、アラーキーさんはMUSICMANを使っているのでMUSICMANはなし。
巨大児こと柔らかいでおなじみ「Rainy☆Circle」の3人分ベーシスト、ベスパさんはFENDERを使っているのでFENDERはなし。
それ以外のメーカーの木目調で行こうぜと。

まず、新宿の「お高いですよフロア」で勉強。
15万とか20万とか30万とか60万とか、どこの貴族が買いに来るんだというラインナップ。
当然、MUSICMANさんやFENDERさんなども顔を連ねています。

で、俺が前に見た木目調のベースはWarwickというメーカーのものらしい。
Warwickさんもおなじくお高いメーカーさんのようで、15万オーバーのものばかり。
木でできたシュッとしたベースばかり。そのなかで、木目調にテカテカのコーティングしてあるヤツが66000円で展示してあるのです。

他にはアイバニーズさんのが、木目調なのでカッコイイなあと。
とりあえずキープとして御茶ノ水に行くことに。

そこでアラーキーさんから連絡があり、テカテカWarwickさんが6万円であることを説明するとWarwickさんはお高いメーカーなので、6万円は安いとのこと。
よっぽど安いか、よっぽどいわくつきなんじゃないかと。
お、これは良いんじゃないの?といざ、御茶ノ水へ。

お茶の水で楽器屋に行き、なんか声をかけられたのでWarwickさんについて知らなかったこともあり、話を聞くことに。

どうやらWarwickさん2種類あるそうな。
お安いやつは、Warwickさん製なんだけど、コストパフォーマンスに優れたモデルでRockBassという種類らしい。
お高いやつは、元祖Warwickさんで素材にこだわった剛質性のある素晴らしい一品らしい。

店員の言うがまま、試奏してみる。

どちらも、ブリっと良い音がします。
お安い方は、お高いのに比べるとネックがカマボコ型なので、太いよね。あと、若干ネックが弱い。
お高い方は、なんか木材が良いらしくて、ネックとかガッシリして、音もWarwick特有の音のツブが立っててさすがって感じですよね。
あと、全部受け売り。

で、よくよく聞くと、お安い方のRockBassシリーズはコストを下げるため中国で生産されているものらしい。
お高いほうは本家なので、ドイツで生産されているとのこと。

んー、お安い理由を知っちゃったなぁ。
コストパフォーマンスでお手ごろなのではなく、どちらかと言えばいわくつきな感じ。
しかし、いずれにせよ今使っているのよりは、どこをどうとってもグレードアップなのです。

アイバニーズさんは完全に消えました。

Warwickさんで決まり。お安いのか、お高いのか。

RockBassはどこも同じ。66000円が最安。
で、お高い方は本当に高かったり、安かったり。試奏させてもらった店ではCorvette Standard 4st という機器で150,000円が105,000円とのこと。他は15万オーバー。
他の店ではCorvette$$ 4st 170,000円が105,000だったり。

各店で他はこうだったと伝えてどうにか安くしようと交渉していたところ1店、Corvette Standard 4stが150,000円を102,000円で良いとのこと。
コレは来たとばかりにキープ。

そのまま秋葉原へ行って普通の値段にガッカリしてとりあえず一旦家に帰る。
.jpgの集まりがあるので、行きがけに買ってこうということになる。決まらないまま。

電車で、アラーキーさん、ベスパさん、ヤナギさん、エスナカモトさん、修さん、イシダさんにどっちが良いかとメールで相談を持ちかける。誰もがドイツを推してきた。

最後の決断。新宿で最初に見たRockBassの値段が下がればそれにしようと考える。
残念。値段は下がらないとのこと。その代わり純正の弦をつけるからどうよと。なし。

御茶ノ水へ再度乗り込む。

先ほどの102,000円の前でうなる。

本当にこれで良いのか。
10万円を払って良いのか。
10万円のベースを俺が持ってても良いのか。
.jpgに10万円を払っても良いのか。
4万円を埋める理由ってなんだ。
6万円を買ったら後悔しないか。
6万円を買って、気に入ったら10万円のにランクアップすれば良いんじゃないか。
.jpgに10万円も払っちゃったよっていうネタ。
別にうまくもなんともないのに、10万円のベースを持つ人っていうネタ。
今後何年も買い替えないであろうものなので、妥協しない方が良いのか。
6万円を買ったら、10万円様にバカにされる。
ドイツにバカにされる。

決定しました。


10万円!

6万円を買ったら後悔しそう。6万円を買って良かったら次10万円を買おうという理由では、今回は4万円の差が今度10万円の差になるわけですよ。なら今埋めた方がお得。
なにより、御茶ノ水の楽器の置き方ですよ。
6万円は1Fの有象無象コーナーに置いてあって、10万円は3Fのハイエンドコーナーに置いてあるっていう、
完全に差別しているワケですよ。ドイツ製と中国製を。
どちらもWarwick製なんですけど、やっぱりドイツ製と中国製って言われちゃうと、おドイツ製を選んでしまいますよ。
というワケで買ってしまいました。

warwick.jpg
カッコイイなぁ。

値段は張ったけど、良い買い物をしたという満足感があります。
悔いなし。
俺は、Warwickを愛用するキャラで行きますよ。

で、買ったばっかのベースを引っさげて、.jpgのレコーディングに行くという暴挙。全くグレードの上がった音と全くグレードの上がらない腕。
というワケでレコーディング中です。嫌です。
良い音になった.jpgのベースにご期待しないでください!

なんだ、ヘッドホンはAKG(ウィーン製)ベースはWarwick(ドイツ)て、どんだけ欧州が好きだよ。何欧州だよ。
あと、言いたいだけだよ。
posted by 骨折 at 23:33| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。